建築師

ポイントが貰える

白い一戸建て

住宅を含めた建物は年数が経つと構造体や設備が劣化してきます。
そのため、20年から30年ほど経つと自然とリフォームの必要に迫られます。
リフォームをすることでその建物をさらに長く使うことが可能ですし、将来に起こるであろう建物の破損を防ぐことができます。
リフォーム工事の相場は場所によって異なりますが、特に劣化の激しいのが水回りを優先的に行われます。
工事の依頼は工務店や建設会社のほかリフォーム専門業者になりますが、水回りはユニット化が進んでいるためどの業者に頼んでもそれほど差が付きにくくなっています。
一般的に簡単な工事であれば30万円までで行うことが可能ですが、抜本的にリフォームを行う場合には100万円前後の費用が必要になります。

住宅リフォームの種類のうち水回りとしてはキッチン、浴室、洗面所、トイレがあります。
もっとも費用が掛かるのが浴室の改装です。
ユニットバスを交換するのであれば100万円前後の費用が掛かります。
通常の風呂からユニットバスへの交換はさらに10万円ほどプラスになります。
一方でトイレでは、便器交換であれば10万円程度で行うことが可能ですが、同時に壁などをリフォームする場合には20万円から50万円ほどになります。
水回り以外のリフォーム工事としては屋外の外壁や屋根があります。
主に塗装を行うものがもっとも割安で100万円程度で行うことが可能です。
一方で屋根でも屋根の重ね葺きや葺替え工事などでは工期も長く必要なため100万円から200万円は必要になります。